埼玉県の看護学校は手厚い教育を実施している

25歳のときに銀行を退職をして現在の看護師になった

看護師となって2年目で、現在は東京都内の大学病院で働いています。
私は一度社会人として、銀行に就職をして働いていましたが、25歳のときに退職をして現在の看護師になっています。
なぜ医療の道に進んだのかというと、祖母を乳がんで亡くしたのがきっかけでした。
ずっと自宅で療養をしており、その時は母が看護をしていたわけです。
しかし、我が家には医療従事者はおらず、手厚い看護をしてあげることができませんでした。
この後悔を胸に抱いていたので、新しい人生を歩もうと決心をしたわけです。
そこでここでは、私の体験記を簡単にご紹介をしていきましょう。
まずどうしたら看護師になれるのかを調べるため、埼玉県の医師会を訪れました。
普通であれば、高校を卒業してから専門学校にいくわけですが、私の場合はすでに社会人となっていたのでその進み方ではありませんでした。

業務独占資格は待遇がいいほうに流れますよねぇ。
増やす以外単価は減らない RT @honda_hiroshi : 医師のみでなく埼玉県立の看護学校も5割は県外に行ってしまうそうです。
看護師も不足です。
RT @soleil_715: @honda_hiroshi

— mi-sya@5G💉💉 (@mi_sya) June 8, 2010

25歳のときに銀行を退職をして現在の看護師になった / 埼玉県内にある夜間の講義を実施している看護学校を紹介してくれた / 手厚い指導を受けたいというナース志望の方がいたらおすすめできる地域

埼玉の看護学校看護師を目指すあなたへ:埼玉県上尾市上尾看護専門学校